【海外の反応】どろろ 第6話 『右足は高価過ぎたな…』

タイトル
Dororo
Episode 6
海外の反応

スポンサードリンク


1: 名無しの海外勢

食われた足が戻ってきたってことでいいんだよな?



2: 名無しの海外勢

>>1
今までは無いものが返ってきてたけど、今回はパターンが違ってた。
足以外にもなにか返ってきたりしないのかな?



3: 名無しの海外勢

>>2
百鬼丸が分からないままってのはありそう。



4: 名無しの海外勢

くそっ!生き残りが出てしまった。
どろろの百鬼丸を鬼神にさせたくないって気持ちは分かるけど、コイツラは殺しても良かったろ。



5: 名無しの海外勢

>>4
ストーリー的に、生き残ったやつが「腕が刀の男にやられた」って醍醐に報告するんだろうな。



6: 名無しの海外勢

>>5
父親が百鬼丸の存在を知るのはここだな。



7: 名無しの海外勢

百鬼丸の成長を見ていくのは楽しいね。感情がなかった今までの彼から、今回明らかに怒りと悲しみという感情が芽生えていた。



8: 名無しの海外勢

彼女がいなくなるのは悲しい...
CefuBqS.jpg
みおが死ぬのは分かってたけど、子供まで巻き込むことはなかったろ...
yhL3XQv.jpg



9: 名無しの海外勢

キレた百鬼丸を見てるとこっちも胸にくるね。

百鬼丸が体の一部を取り戻すと誰か死ななきゃいけないのか?酷い取引だ...



10: 名無しの海外勢

>>9
そして、魔物を殺すたびにゆっくりと土地が死んでいく。すべて父親が始めたこと



11: 名無しの海外勢

百鬼丸が最初に聞いた言葉は、家族の亡くして悲しんでいる人の声だった、そして彼が発した最初の言葉は、彼が好きだった女性に向けての叫び。

アニメのシリアスな展開は、私たちの気分を落ち込ませているが、控えめに言っても面白い。そして私は今のところ楽しんでいる。



12: 名無しの海外勢

視覚を取り戻すと思ってたけど、なかったな...



13: 名無しの海外勢

>>12
さすがに初めて見る景色がコレは悲しいだろ



14: 名無しの海外勢

毎週鬱になる...



15: 名無しの海外勢

少なくとも彼の足が戻ってきたから



16: 名無しの海外勢

>>15
そのための犠牲が大きすぎる...



17: 名無しの海外勢

米の種が彼の「暗闇の中の光」になることを願っています。



18: 名無しの海外勢

百鬼丸がどろろの言うことを聞き、魔物を倒しに行かなければ全員無事に救えただろ。
足を取り戻した代わりが大きすぎる。



19: 名無しの海外勢

>>18
それか、みおが両陣営に働きに行かなければ



20: 名無しの海外勢

>>18
どろろ:足を取り戻したか?
百鬼丸:ああ
どろろ:それにどれくらいかかった?
百鬼丸:み…お



21: 名無しの海外勢

黄金の水田を歩く最後のシーンは本当に素晴らしかった。



22: 名無しの海外勢

想像していた以上にきつい内容だった。



23: 名無しの海外勢

このアニメに幸せってのはあるのか?



24: 名無しの海外勢

>>23
どろろはハッピーエンドを迎えるだろ……たぶん。



25: 名無しの海外勢

これは...
eYrpGQE.jpg




引用元
https://www.reddit.com/r/anime/comments/apgl07/dororo_episode_6_discussion/

18if どろろ
reddit】 - アニメスコア:[スコア投票数]
第01話海外の反応 - 9.06:[333]
第02話海外の反応 - 9.25 (+0.19):[287]
第03話海外の反応 - 9.40 (+0.15):[394]
第04話海外の反応 - 9.07 (-0.33):[354]
第05話海外の反応 - 9.40 (+0.37):[632]
第06話海外の反応 - 9.73 (+0.33):[914]
第07話海外の反応 - 8.97 (-0.76):[486]
第08話海外の反応 - 8.76 (-0.21):[351]
第09話海外の反応 - 9.34 (+0.58):[383]
第10話海外の反応 - 9.18 (-0.16):[334]
第11話海外の反応 - 9.50 (+0.32):[333]
第12話海外の反応 - 9.57 (+0.07):[467]
第13話海外の反応 -

関連記事

スポンサードリンク

Category: アニメ感想

コメント

    • (No.10282)
    • 俺的No.1アニメ

      2019/02/12 (Tue) 02:02 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10283)
    • 「赤い花」の演出、同じく小林靖子のアマゾンズでの「やがて星が降る」を彷彿とさせたな

      基本一話完結の中に色々なドラマを盛り込んで、最後に敵を倒すってフォーマットは特撮畑出身には相性が良すぎる

      2019/02/12 (Tue) 02:08 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10284)
    • No title

      この子守唄「赤い花白い花」Youtubeで見たけど昔聞いたことあるような…ないような?
      ブラックジャックOVAの「サンメリーダの鶚」の中で流れる「サンメリーダの子守唄」を思い出した

      2019/02/12 (Tue) 03:01 |   #- | URL | 編集
    • (No.10289)
    • No title

      子供たちを養うためとはいえ体を売るだけでもつらかっただろうに
      拷問だか遊び半分だか知らんが
      火傷をさせられたり殴られたり蹴られたりもしてたみたいだな。。。

      つらすぎて二重の極みを習得しそうだわ

      2019/02/12 (Tue) 05:43 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10290)
    • 種もみを守って殺される農民というシチュエーションはどうしても北斗の拳の迷シーンを思い出してしまう

      2019/02/12 (Tue) 05:44 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10292)
    • No title

      あ…明日…明日が…

      2019/02/12 (Tue) 06:00 | 名無しさん@Pmagazine #- | URL | 編集
    • (No.10293)
    • No title

      >どろろはハッピーエンドを迎えるだろ……たぶん。

      どろろが鬼神として百鬼丸をコロすスピンオフもあるんだよなぁ

      2019/02/12 (Tue) 06:13 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10294)
    • No title

      予想通りだし、良くある展開のハズなのに、ストーリーに惹かれる回だった

      2019/02/12 (Tue) 06:39 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10297)
    • No title

      原作自体が古典みたいなものだから展開は予想できるものばかりだけど、
      ちゃんと演出してくれてるから安っぽさはないよね

      2019/02/12 (Tue) 07:26 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10298)
    • No title

      敵陣にまで行った事でこうなる事は読めていたが悲しいな…

      2019/02/12 (Tue) 08:17 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10299)
    • No title

      贅沢言うとちょっと早足だったかな?
      OPかED削ってもう少しミオたちとの描写が欲しかった

      2019/02/12 (Tue) 08:18 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10300)
    • No title

      種もみ、同じ事思ってる人がいて安心した(笑)

      2019/02/12 (Tue) 08:35 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10301)
    • たしかにちょっと早足感はあった

      2019/02/12 (Tue) 10:09 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10307)
    • No title

      そもそも百鬼丸が来なければ、両方の陣で働いてスパイ扱いされる事がなかったという事が
      、さらに辛い。。

      2019/02/12 (Tue) 11:52 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10308)
    • No title

      古典なんだけどキャラクターや演出自体が少し前なら映像化出来なかったんじゃないかと思わせる
      正直、深夜とはいえコレが放映できている事に少し驚いている

      2019/02/12 (Tue) 12:31 |   #- | URL | 編集
    • (No.10319)
    • No title

      体売ってというのも、センセーショナルを狙って来た以上の事は感じなかったな
      あの歌が始まる度、こちらを苛もうという意図が見えて気恥ずかしくてしょうがない。
      もっと真摯に、あそこで生きる人間の地べた這いずる「生」を描かないと
      どこにも感情移入が出来ない。

      2019/02/12 (Tue) 14:36 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10324)
    • No title

      >体売ってというのも、センセーショナルを狙って来た以上の事は感じなかったな
      >あの歌が始まる度、こちらを苛もうという意図が見えて気恥ずかしくてしょうがない。
      >もっと真摯に、あそこで生きる人間の地べた這いずる「生」を描かないと
      >どこにも感情移入が出来ない。

      そーやって分かった風な事を言いながら斜めに見てるから、そんな感想になる。
      もっと真摯にものを見ることを知ろう。
      それだできないなら、消費者には向いてないから作家になるべき。

      2019/02/12 (Tue) 16:14 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10327)
    • No title

      みおの体にあった痣性病かなって深読みしたけど普通に青タンだろうな

      2019/02/12 (Tue) 17:21 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10329)
    • No title

      >体売ってというのも、センセーショナルを狙って来た以上の事は感じなかったな
      >あの歌が始まる度、こちらを苛もうという意図が見えて気恥ずかしくてしょうがない。
      >もっと真摯に、あそこで生きる人間の地べた這いずる「生」を描かないと
      >どこにも感情移入が出来ない。

      おいw
      あんたの感想こそ恥ずかしいぞw

      2019/02/12 (Tue) 17:57 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10330)
    • No title

      >体売ってというのも、センセーショナルを狙って来た以上の事は感じなかったな
      >あの歌が始まる度、こちらを苛もうという意図が見えて気恥ずかしくてしょうがない。
      >もっと真摯に、あそこで生きる人間の地べた這いずる「生」を描かないと
      >どこにも感情移入が出来ない。

      この(恥ずかしい)文章を書いたのはトミノの猿真似をした中年のオタクと予想

      2019/02/12 (Tue) 18:10 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10331)
    • No title

      >体売ってというのも、センセーショナルを狙って来た以上の事は感じなかったな
      >あの歌が始まる度、こちらを苛もうという意図が見えて気恥ずかしくてしょうがない。
      >もっと真摯に、あそこで生きる人間の地べた這いずる「生」を描かないと
      >どこにも感情移入が出来ない。

      センセーショナルw拗らせてんなぁ・・・

      2019/02/12 (Tue) 18:11 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10333)
    • No title

      ちょっと批判的なコメントしただけで総叩き
      お前らのほうがよっぽど恥ずかしいわ

      2019/02/12 (Tue) 19:27 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10335)
    • No title

      コメントに批判的なコメントしただけやで

      2019/02/12 (Tue) 20:02 | 名無しさん@Pmagazine #- | URL | 編集
    • (No.10336)
    • No title

      体売ったのは孤児を養うミオさんの地べた這いずる「生」であの歌は現実逃避だろ?
      どこにも感情移入が出来ないってのは精神異常者だよ

      2019/02/12 (Tue) 20:43 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10337)
    • No title

      どこにも感情移入が出来ないって奴って朝鮮人だろ?
      人殺しで物奪うんだよな
      ついでに強姦か?

      2019/02/12 (Tue) 20:48 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10338)
    • No title

      あそこで生きる人間の地べた這いずる「生」
      それ、百鬼丸と出会う前のどろろじゃん

      2019/02/12 (Tue) 20:56 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10340)
    • No title

      >そーやって分かった風な事を言いながら斜めに見てるから、そんな感想になる。
      斜めにと言うが、5話の最後にババーン!と持って来た構成を考えれば意図としては明らかで
      じゃあ、そういう身を売る現実があったとして、その向こうに何があるのか?と6話を観たら何も無い
      (お話のロジック、仕掛けとしての意味合いで用意された種もみぐらい?)

      そこの現場に触れたどろろにしろ、半お人形の百鬼丸はもちろん、あそこの子供達、はたまた侍、
      みお自身を描く事で、その体験の先に何かを掘り起こそうという意思が無かった。
      可哀想だねとか、腹立つよね、悲惨だねぐらいの反射的な感情を刺激して来ても、
      身につまされたり、やるせないといった他人事でない共感を得るだけの人や暮らしの存在感、重みが描けてない。

      演出として、センセーショナルに1発張って、辛くても現実は描く、ウソはないぜって顔をすることは
      客を買い被らせる手として悪くない。でも、その先がペタっと酷い目に遭う弱者と悲しみって
      創作話としては痩せてると俺は思うんだよな

      2019/02/12 (Tue) 21:02 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10343)
    • No title

      長文で必死やなw

      2019/02/12 (Tue) 21:33 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10347)
    • No title

      >5話の最後にババーン!と持って来た構成
      5話は最初から川で股洗ってたやん

      2019/02/12 (Tue) 22:58 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10348)
    • オッサン達が必死こいてレスバしててキモい………

      2019/02/12 (Tue) 23:03 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10349)
    • 百鬼丸が本当に鬼神になる展開も見たいんだがな。

      2019/02/12 (Tue) 23:05 | 名無し #- | URL | 編集
    • (No.10351)
    • 百鬼丸のせいでみお達は戦災孤児となり過酷な人生歩んだ末に殺されて
      百鬼丸のせいで日照りは続き田畑は荒れ果て
      百鬼丸のせいで多宝丸は不満ぷんぷん

      これも全て百鬼丸って奴のせいなんだ

      2019/02/13 (Wed) 00:02 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10354)
    • No title

      昔の日本には売春宿が定着していて、日本神道でもそういうのは禁忌じゃなかったらしいので、あの描写はセンセーショナルでもなんでもなく、ただの日常だと思うんだけどな。でもって、それが「ただの日常」だったこと自体が問題なのだけど、日本がそういうのを恥ずかしいと思うようになったのは戦後になって外国のことを知った後だと思うぞ。

      原作はおそらくそういう「日常の異常性」を意識して描かれていると思うのだけど、現代の感覚で「誰もがおかしいと思うに決まってるから人気取りのために描いたんだ」なんて批判したら正に本末転倒じゃないか。

      それと、
      >もっと真摯に、あそこで生きる人間の地べた這いずる「生」を描かないと
      >どこにも感情移入が出来ない。
      と言っている人が本当に求めている本音を客観的に言い換えると

      「もっとキャッチーでセンセーショナルに描けよ。地味で面白くないぞ」

      って意味になるんじゃなかろーか。

      2019/02/13 (Wed) 01:04 | 匿名さん #8iCOsRG2 | URL | 編集
    • (No.10358)
    • これはミオが悪い

      2019/02/13 (Wed) 02:19 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10359)
    • No title

      >ちょっと批判的なコメントしただけで総叩き
      >お前らのほうがよっぽど恥ずかしいわ

      斜に構えて批判してそれを返されたら感情的になるのはセンセーショナルを狙っての事ですか?

      2019/02/13 (Wed) 02:27 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10366)
    • No title

      炎上寺でのアクションすごかったなぁ
      喋らないから人形っぽさが強いだけで百鬼丸の性格は原作ベースだと思ってたけどどうもオリジナルっぽいな
      声戻って喋りだしたら陽気な兄ちゃん感が出てくるのをちょっと楽しみにしてたけどこれはこれで
      どろろの方のオリジナル要素はどうなるかね
      ミオとの売春に対する会話は良かったね

      2019/02/13 (Wed) 07:56 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10367)
    • No title

      センセーショナルくん、他のブログの盾の勇者コメ欄にも沸いてたぞwww
      そこでは敵役の女キャラたちを「ギミック」とか言ってたwww
      やはり必死に長文で文句を書いてたwww
      (もちろんアスペ丸出しの文章で)

      やべえ・・・ファンになりそう・・・
      次はどのブログに現れて批判するのか楽しみすぎるwww

      2019/02/13 (Wed) 08:59 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10369)
    • No title

      ED見るたびにテガミバチ思い出してしまう。ダークだけど好きな作品。そしてどろろと色々被る

      菩薩に命を救われた百鬼丸が鬼神に支配された国をどう変えるか見たいけど、そこに持っていく意図がそもそも手塚氏になかったから尻切れトンボになったんだろうし、この作品もどんな方向にいくのか。

      2019/02/13 (Wed) 09:44 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10373)
    • No title

      >センセーショナルくん、他のブログの盾の勇者コメ欄にも沸いてたぞwww

      盾の勇者は1話しか観てないのでそれは俺じゃない。
      英語を使えば同一人物って君凄いな

      2019/02/13 (Wed) 11:06 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10374)
    • まぁ、どこにでも、いつの時代でも斜に構えたつもりの痛いヤツは居るからねぇ。

      それは置いといて、海外のリアクター達が、侍が斬られてるシーンで「ざまぁみろ」的な事言ってたりしてたのが印象的。
      心情的にはやっぱ死刑(仇討ち?)ってそれなりに必要なんだと思った。

      2019/02/13 (Wed) 11:14 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10375)
    • No title

      容赦なく子供を殺していくのは日本アニメならではだよな
      欧米だと規制が入る

      俺も年を取ったせいか子供が切られて死ぬのは見てられない

      2019/02/13 (Wed) 11:38 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10377)
    • いや、これがアスペのわけないだろ……。
      こういうのを書くのは教育ママの言うことを聞いていい大学を出て大企業に就職してスーツをピシッと着て整髪料で頭いじってるような表面上優等生に見えるようなやつだよ。
      あるいは、そうなりたかったけどなれなかったやつ。

      そもそも重度のアスペは「感情移入や薄っぺらい慣れ合いに何の意味があるんだ?」と平気で言うようなやつだぞ。
      ボロボロの服で人前に出ても平気で毎日カロリーメイト食っててもストレスを感じないとかな。
      そこまで行くと本物の天才が多いだろうけど。

      まあ、あのコメント書いたやつは本当は盾の勇者とか向いてるんじゃないの? とは思った。
      あっちの作風はむしろ嫉妬丸出しの開き直りみたいなところに共感する人が多そうだし。

      2019/02/13 (Wed) 12:01 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10379)
    • No title

      >コイツラは殺しても良かったろ。 

      信じられない……。
      こんな事を言う人なんて、本の中だけの存在だと思っていた。
      現実にいるんだ……。

      2019/02/13 (Wed) 12:30 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10380)
    • No title

      海外でも人類史そのものに興味あるやつのほうが、子供が容赦なく大人に殺されるような日本の漫画アニメを絶賛することは多いだろうが、それは誰もやってないからとかセンセーショナルだからとかじゃないんだよな。
      日本は昔からごく当たり前の日常そのものが閉鎖的過ぎて、退路のない生き地獄がただ淡々と続いていく感じ……というのを「現実的に」描写することができるのは日本ならではなんだよな。
      外国だともっと早く裁判とか制度改正とか社会貢献などを通して「勝利」できてしまうので、あまりにも絶望的な世界観を当たり前のように描く……というのは日本ほど上手くない。経験してないから描きようがないとも言う。

      最近でも小4女子の事件とか日本の闇そのものだったろ。

      2019/02/13 (Wed) 12:33 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10381)
    • No title

      聲の形の海外評価とか、アメリカ人が日本のキリスト教弾圧の「沈黙 -サイレンス-」みたいな映画を作っちゃったりとか見ると、日本に興味のある外国人は文化的な意味で日本残酷物語に関心が強いんじゃないかと思う。
      流行とか客引きとかそういう風には見てないと思うよ。

      ちなみに聲の形の漫画原作では、主人公たちが実体験をもとに社会に訴えたいことがあるから自主製作映画を完成させるんだけど、それを見た大御所の映画評論家が「萌えるかわいい女の子を映したかっただけなんだろ?」みたいな感じで見当違いの酷評をするんだ。そういう無理解な大人がわかったふりをしている、というのも漫画では描かれていたのだけれど、>16のコメントはそれと似たにおいを感じるんだよな。

      今回のどろろはちょっと泣いた。
      ED曲に繋がる流れが自然でしんみりした。

      2019/02/13 (Wed) 12:33 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10382)
    • No title

      残酷な現実をありのままに描くのには、戦後の混乱と無明をいまだに日本が生きてるのもあると思うよ。欧米社会は戦勝者としての誇りや記憶を引きずっていて、経済や体制が失政や移民でボロボロになっても、その記憶だけで上を向いてられるから。WW1戦勝国パレードや式典を見ればよく分かる。

      キリスト教共同体による救いも欧米人にはあるみたいだけど、日本は豊かになっても伝統、宗教、価値観を覆され、激しい自己矛盾に晒されている。過保護な欧米人には刺激が強いかも。映画にしても、自国の自画自賛ってテンプレに飽きてから、初めて闇やタブーに焦点を当てるようになった。昔、黒澤明が描いた人間の闇や愚かさ、戦争の不毛さや悲しみとかね。

      2019/02/13 (Wed) 13:43 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10386)
    • >人間の闇や愚かさ、戦争の不毛さや悲しみ

      こういう普遍的な解釈はしないで「やっぱサムライは糞、野蛮で俺ら西洋人とは全然違う」で片付けちゃう人も残念ながらいるね

      2019/02/13 (Wed) 15:08 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10392)
    • No title

      人を呪わば穴二つ。
      「やっぱ西洋人は糞、人種差別的で俺ら日本人とは全然違う」って言ってるように俺には聞こえる。

      欧米人が過保護なら日本人は被害者意識が過剰ってことになる。
      たとえば、宮崎駿の風立ちぬは、同じ敗戦国でも堀越二郎は戦闘機の残骸が心象風景になってしまったが、イタリア人のカプローニは民間飛行機を家族や人々の夢と平和の象徴にした。堀越二郎の末路は自業自得だった。

      おそらく黒澤明は日本を酷い国だと思っていたろうが、無二の相棒の三船敏郎は、それが日本人の全てだとは認めたくなくて理想の日本人像というものを築き上げようとした。その三船敏郎は欧米からも愛されていた。
      闇が深すぎると、たまに、それを覆そうとする光も負けじと強くなる。

      何かが全面的に善だとか、全面的に悪だとか、そういう目で見ているのなら、それはそいつがバカにしたい「欧米人」のイメージを持っているのが他ならぬ日本人である自分自身ということにしかならないんじゃないのか。

      手塚治虫は光と闇を両方持っていたのがスゴイ。

      2019/02/13 (Wed) 16:30 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10395)
    • No title

      ミオたちを侍が襲った理由付けが、とても自然で納得いく筋書きにされていた
      一方の軍の情報を他方に売ることで身銭を稼いでいると思われたのだな
      日本の武士は西欧や中国と違って、たとえ戦場でも武士が民を理由なく殺めることは普通はないが
      間者を疑われたのなら子供だろうと抹殺されても仕方はない
      放っておいたら自分らが負けて死ぬわけだからな

      2019/02/13 (Wed) 16:55 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10400)
    • No title

      すごく良かった

      2019/02/13 (Wed) 19:48 | 名無しさん #- | URL | 編集
    • (No.10411)
    • No title

      現代の風俗嬢も、多くは生活苦とかネグレクトから風俗やってる子の割合が多い
      しょうがないんですよね。

      2019/02/13 (Wed) 23:46 | 名無しさん@Pmagazine #- | URL | 編集
    • (No.10449)
    • No title

      >49
      同じアニメを視てそれを言っているのか疑わしくなってくるな。
      戦国時代には乱妨取り、人狩り、略奪、領民の女性を性奴隷として東南アジアへ売る……などなどがあるが。
      織田信長が桶狭間の戦いで今川義元を討った勝因も、今川軍が戦勝ムードで民家を略奪している隙に正面突破したらしいし。ソースは徳川家康。
      第二次世界大戦のときも兵站が杜撰だったのは他国で略奪するのがあらかじめ予定されていたからで、中国とかフィリピンなどでさんざん日本兵が略奪しているが。

      2019/02/14 (Thu) 19:48 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10464)
    • No title

      今回のは完全にミオの失態だから、武士に塒ごと襲われたことに理不尽さは一切ないんだよなぁ。しかもガキの一人は止めてたわけだし、その上で皆殺しはホント質が悪い。たとえそれがガキ共のためだったとしても。

      2019/02/15 (Fri) 04:11 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10468)
    • No title

      みおの歌が良い歌でアニメを良くしていた。

      2019/02/15 (Fri) 11:21 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10487)
    • No title

      手足を失った子達がもっと不自由な百鬼丸を知って、義肢義足を作って自立…寿海にも会ったら、普通の暮らしも夢じゃない、と思ってた。百鬼丸の犠牲があったにも関わらず、民衆は恩恵を受けるどころか、親や体を失ったどろろや未央たちがたくさん出てきた。天下取りはもう無理だな…鬼神に操られ、大切な宝物である子供達を売ってしまったんだね。

      2019/02/15 (Fri) 17:33 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10553)
    • No title

      この流れで、戦国時代の日本は闇の世界でーとか、旧日本軍の略奪はーとか語り出す人が現れるのがなんとも

      2019/02/17 (Sun) 17:58 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10557)
    • No title

      かといって風俗とか禁止にしても職失うだけだしな。
      重く受け止めるというか潔癖になることの方が問題なんじゃない?
      マッサージ屋みたいなもっと気楽なイメージになれば解決だろ。
      人間は自分の価値観で自分を苦しめるおかしな生き物だわ。

      2019/02/17 (Sun) 22:08 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10633)
    • No title

      >56
      その発言をしたのは俺だが、手塚治虫が生きた時代や人生観を考えたら不自然じゃないだろ。
      作中に登場するような、ひどい人間性の人たちには実体験でよく嫌な目にあわされているぞ。

      ちなみに現代でもパパ活ってのがSNS経由で流行ってるからな。

      2019/02/19 (Tue) 19:16 | 匿名さん #- | URL | 編集
    • (No.10774)
    • No title

      原作が作られた時代を考えると、戦争で最も苦しむのは一般市民というメッセージ性は十分あると思うけどな
      手塚治はそういう話いくつも書いてるイメージあるし

      2019/02/22 (Fri) 12:02 | 匿名さん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する