吹き替え版に「芸能人」を使いひと騒動あった映画

スパナチュ

吹き替え版は、一般的にはプロの声優さんが吹き替えを担当するものですが、たまにタレントさんが吹き替えを担当することがある。
本職ではない人だけあって、批判を浴びることも多かったりします。

スポンサードリンク

プロ声優ではなく芸能人を使ったことでひと騒動あった吹き替え映画5つ
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1797992
プロではない吹き替え映画5つ記事


この記事によると

ザ・シンプソンズ MOVIE

テレビ版でおなじみだったキャストを一新して、所ジョージさんや和田アキ子さんなど、タレントを起用。
それがファンからの反発を呼ぶ騒動になり、DVD版では従来のキャストによる吹替え版が収録されることとなった。


TAXi 4

人気シリーズの4作目、今までのシリーズを担当していた声優さんでなく、当時大人気だったオリエンタルラジオの二人が主役の吹替えを担当。
あまり良いデキではなかったため、シリーズのファンから非難が。
DVD版にはオリエンタルラジオの二人の吹替えと、プロの声優による吹替えの2パターンが収録されることに。


LIFE!

主人公の声を担当したのはなんとナインティナインの岡村隆史さん。
非常に話題にはなりましたが、演技力が乏しく、関西弁での吹替えだったため「役に合っていない」と酷評を受けた。


アベンジャーズ

ホークアイは雨上がり決死隊の宮迫博之さん
ブラック・ウィドウは米倉涼子さん
ニック・フューリーには竹中直人さん
を起用。米倉涼子さんと竹中直人さんは「浮いている感」が強く批判的な意見も多く挙がりました。


TIME

ヒロインのシルヴィアの吹き替えを当時AKB48所属だった篠田麻里子さんが担当した。
あまり良い演技ではなかったため、映画ファンから酷評を受けました。
周りをプロの声優さんが固めていたことも目立ってしまったのが要因だったのかもしれない。
その後にアニメで声の出演をされたこともありましたが、このときは好評だったそうです。



この記事への反応

タレントさん使うなとまでは言わないから、せめて演技歴があるか棒読みじゃない人がいいなぁ……

スーパーナチュラル初期の吹替えは伝説級

大して映画が好きではない素人でも分かるほど酷いからなあ。映画通とか関係なく馬鹿な采配だと思う

主役の女性の吹き替えがヒドイ上に、字幕版は誤訳連発のプロメテウス……。

プロメテウスだろ、前評判でやばそうとは思っていたが、怖いもの見たさで見に行ってみたらひどい棒読みだったよ。誰とは言うまでもないが


声優にタレントみたいって文句言う奴いるけど、今声優業は俳優業より狭き門だから、へたに俳優を吹き替えに充てるより新人声優当てた方がうまいよ。
関連記事

スポンサードリンク

Category: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する