【海外ゲームレビュー】PS4/XboxOne/PC『ドラゴンボール ゼノバース2』 「原作に忠実な世界観」、「殆どのミッションはリプレーする理由がない」

タイトル

2016年11月2日に発売するPS4/XboxOne/PC用ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2
海外レビューサイトまとめ

公式サイト

トロフィー情報

スポンサードリンク

引用元=http://www.choke-point.com/?p=20905

Gaming Age A/A+
タイトル
ドラゴンボール ゼノバース2』は、傑作だった前作の完璧な続編で、アニメを全て見ずに『DBZ』の物語を把握できる素晴らしい方法だ。
1作目の長所が全て、見事に拡張されている。キャラクター・カスタマイズは奥が深くなり、キャンペーンはより長く、パラレル・クエストは中身が濃くなり、世界にも命が感じられるようになった。


God is a Geek 80
タイトル
良い点:
・滑らかな格闘
・豊富な格闘
・豊富なカスタマイズ性


悪い点:
・単調に感じられる格闘
・少々長すぎる格闘
・環境に干渉できない


地上戦に縛られない格闘が好きな人にとって、高速で宙を舞いながら最高のコンボを繰り出すのは、徐々に単調になってくるとはいえ、自由で爽快だ。


IGN 75
ドラゴンボール ゼノバース2』の野心は称賛に値するし、馬鹿げた細かな不満点が沢山あるとはいえ、ファンが末永く楽しめる原作に忠実な世界観を提供することに成功している。
RPG要素や格闘ゲームプレーに複雑すぎるところはないものの、全体としては驚くほど深みがあるので、しばらくの間は飽きずに楽しめるはずだ。


GamingTrend 65
タイトル
良い点:
・シリーズの特徴的なスタイルを再現した格闘
・壮大な格闘をプレーできる
・お気に入りのキャラクターでプレーできるパラレル・クエスト


悪い点:
・非常に単調
・殆どのミッションはリプレーする理由がない
・水準以下のカットシーン


ドラゴンボール ゼノバース2』には、フランチャイズの長い歴史を基にした豊富なコンテンツが収められているが、ゲームプレーは早い段階で飽きてしまうだろう


Hardcore Gamer 60
タイトル
ドラゴンボール ゼノバース2』は、愛らしいアニメ・スタイルで描かれた人気キャラクターが満載だが、それだけだ

歴史の改変というのは最初こそ魅力的なコンセプトだが、もう一度歴史を改変するいたずら好きの悪役2人を使い回すなど、開発陣もネタ切れのようだ。

当然、改変される場面に違いはあるものの、同じシークエンスを何度もプレーすればさすがに飽きてしまう。
大抵は特定数の敵を倒したり、ドラゴンボールのようなアイテムを収集するメイン・ミッション構造がこれほど単調でさえなければと思う。そこにハブ・エリアでの極めて長いロード時間が加わるのだから、失望しか感じられない。とはいえ、新たなエキスパート・ミッションは素晴らしいヒネリで、楽しめる協力プレー・シナリオを生み出している。

結局のところ、『ドラゴンボール ゼノバース2』は最小限の改善を施しながらも前作の問題点は解消されていないが、全体的には不思議な魅力がある。


Game Revolution 60
タイトル
ドラゴンボール ゼノバース2』は、前作をプレーしたことがない人にとって完璧なゲームだ。アップデートされたハブ都市を付け足したリマスター以上のゲームであり、一部の熱心なファンにとってはそれで十分かもしれないが、新規ユーザーの方がより楽しめるはずだ。

以前やったことがあるという思いを無視すれば、『ドラゴンボール ゼノバース2』は良い買い物になるだろう。

バンダイ・ナムコは巻き戻しボタンを押したようなものだ。

関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する